Blenderでカラーコーンをモデリング【YouTube動画で学ぶ】

Blenderでカラーコーンをモデリングする【YouTube動画で学ぶ】モデリング

3DCGソフトのBlenderで、YouTubeの動画を見ながらカラーコーンをモデリングしてみました。

この記事で紹介するカラーコーンのモデリングは、初心者でも簡単にできるため、Blenderの基本操作を学ぶのに最適です。

ヤスオ
ヤスオ

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • Blenderで3DCGを始めたい人
  • Blenderの基本操作を学びたい人
  • カラーコーンをモデリングしたい人
  • YouTubeの動画を見ながら学びたい人
スポンサーリンク

参考にした動画

参考にしたYouTubeの動画は、「Blender初心者でも1から学べるYouTubeチャンネル10選」でも紹介したM designさんのチャンネルから、「【blender初心者】超簡単モデリング!もっと簡単にカラーコーンをつくろう」です。


スポンサーリンク

完成画像

完成したカラーコーン

スポンサーリンク

動画から学べること

今回の動画から学べることをメモしておきますので、参考にしてください。

  • Blender標準搭載アドオンの「LoopTools」
  • 押し出し(E)
  • ループカット(Ctrl+R)
  • 面選択(3)
  • サブディビジョンサーフェス
  • スムーズシェード
  • エリアライトの追加
  • オブジェクトのコピー(Shift+D)
  • 一部のポリゴンを選択してマテリアルの適用

かっこ内はショートカットキーです。Macの場合は「Ctrl」を「Command」に、「Alt」を「Option」に置き換えてください。


スポンサーリンク

まとめ

この記事では、Blenderでカラーコーンをモデリングする方法を紹介しました。

動画を見ながらBlenderを操作すれば、基本操作やモデリングがしっかりと身に付くのでおすすめです。特に、今回紹介したカラーコーンは簡単なモデリングなので、初心者の方に最適です。

M designさんのチャンネルでは、初心者に最適なモデリング動画が豊富にありますので、ぜひ視聴してみてください。

ヤスオ
ヤスオ

かなりお世話になっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました