たった3ステップ!Photoshopのグラデーションマップでデュオトーンをつくる

たった3ステップ!Photoshopのグラデーションマップで魅力的なイメージを作成レタッチ

Photoshopでグラデーションマップを使用したデュオトーン加工は、写真やイメージに独特の雰囲気と美しさを加える方法です。

ですが「デュオトーンのやり方がわからない…」「写真やイメージにどういう手順で加工を加えれば良いの?」と困っているフォトショッパーも多いかと思います。

そこでこの記事では、Photoshopを使用して3ステップでどのようにグラデーションマップを適用するかを解説します。

ヤスオ
ヤスオ

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • 写真をデュオトーンにしてみたい人
  • Photoshopで簡単な加工の手順を知りたい人

手順としてはもの凄く簡単なのでPhotoshopを使っている方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

ステップ1. 編集したい画像を用意する

ステップ1として、編集したい画像を用意することから始めます。今回は、フリーでダウンロードできる素材サイトから都会のイメージ画像をダウンロードしました。

都会のイメージ画像
都会のイメージ画像

素材サイトからダウンロードできたら、Photoshopで開いて準備完了です。

今回は例として都会のイメージ画像を用意していますが、用意する画像はどのようなイメージ画像でもかまいません。


スポンサーリンク

ステップ2. グラデーションマップを開く

ステップ2では、デュオトーンの色を変更するために使用する、グラデーションエディターを開く手順を説明します。

まずは、レイヤーパネル下のメニューにある「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリックします。

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリックする

1度クリックしたら再度メニューが開きますので、下から2番目にある「グラデーションマップ」をクリックします。

グラデーションマップをクリックする

次に、プロパティパネルにグラデーションマップが開いていますので、それをクリックします。

プロパティパネルのグラデーションマップ

クリックできたら、グラデーションエディターが開きますので、これで2ステップ目は完了です。

次はいよいよ最後のステップになります。

ヤスオ
ヤスオ

後は、色を変更するだけです!


スポンサーリンク

ステップ3. グラデーションエディターを編集する

グラデーションエディター内の、カラーピッカーをクリックすると色を変更する事ができますので、好きな色に変更します。

両端のカラーピッカーの色を変更する

今回は、例として左の色を「#e52dcd」に変更し、右の色を「#feea34」にしてみました。色を変更できればこれで完成です。写真がデュオトーンのスタイリッシュな写真に生まれ変わりました。

カラーピッカーをもう1つ増やしてさらに深みのある配色に変更することも可能です。特に色の暗い方にさらに濃い色を追加すると、引き締まった印象にすることができます。

ヤスオ
ヤスオ

ぜひ様々な配色を試してデュオトーン加工を楽しんでください!

完成画像

完成画像
完成画像

とても簡単な手順で、都会の画像がデュオトーンになりました。魅力的でスタイリッシュなイメージになりましたね。

完成画像の色違い
完成画像の色違い
完成画像の色違い
完成画像の色違い
別の画像を使った完成画像
別の画像を使った完成画像

色や画像を変更すれば雰囲気もがらりと変わりますので、様々な画像を使って色んな配色を試してみるのも面白いです。


スポンサーリンク

まとめ

この記事では、Photoshopのグラデーションマップでデュオトーン加工の作成手順を解説しました。

今回紹介した3つのステップをまとめておきますので、ぜひ実践してみてください。簡単な手順で写真をスタイリッシュにできるのでおすすめの加工方法ですよ。

3つのステップまとめ
  • ステップ1. 編集したい画像を用意する
  • ステップ2. グラデーションマップを開く
  • ステップ3. グラデーションエディターを編集する

グラデーションマップは、写真やイメージに独自の雰囲気を与え、美しい視覚効果を引き出すのに役立つ強力なツールです。ぜひ試してみて自分だけのスタイリッシュで魅力的なデュオトーンを作成してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました