Scratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作をわかりやすく解説

Scratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作をわかりやすく解説Scratch

Scratch(スクラッチ)は、プログラムの知識があまりない初心者や子どもたちのためのビジュアルプログラミング言語なので誰でも簡単にロジックを組むことができます。

ですがScratch(スクラッチ)を始めてはみたけど「最初に何をすればいいの?」「使い方がわからない…」と悩んでいる人もいるかと思います。

そこでこの記事では、Scratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作をわかりやすく解説します。

ヤスオ
ヤスオ

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • Scratch(スクラッチ)の画面構成について知りたい人
  • Scratch(スクラッチ)の基本操作を知りたい人

初めてScratch(スクラッチ)を触る人でもできるだけわかりやすく解説しています。この記事でScratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作をマスターしてプログラムを楽しみましょう!

スポンサーリンク

Scratch(スクラッチ)の画面構成

Scratch(スクラッチ)の画面構成
Scratch(スクラッチ)の画面構成

まずは、Scratch(スクラッチ)の画面構成について解説します。

Scratch(スクラッチ)のメイン画面は「ブロックパレット」「コードエリア」「ステージ」「スプライトエリア」などで構成されています。

ブロックパレット

「ブロックパレット」には、プログラムを作るためのいろんなブロックが入っています。Scratch(スクラッチ)では、これらのブロックを組み合わせてプログラムを組んでいきます。

例えば、動物のキャラクターを動かすとか、音を出すとか、画面に何か表示するとか、そういった命令ができるブロックが役割ごとに並んでいます。

ヤスオ
ヤスオ

「ブロック」は、初めてプログラミングに触れる人や子供たちにもわかりやすく並んでいるので、楽しみながらプログラムを作ることができるんですよ。

コードエリア

「コードエリア」は、ブロックを組み合わせてプログラムをつくっていく場所です。「ブロックパレット」からブロックを持ってきて、プログラムを作っていきます。

使い方は簡単で、まずはブロックを選び「コードエリア」にドラッグ&ドロップします。そして、他のブロックとくっつけるだけ。一つ一つのブロックが、プログラムの命令を表していて、それらを組み合わせて自分だけのプログラムを作れます。

ヤスオ
ヤスオ

最初は、とにかく色んなブロックを持ってきて実験してみましょう!

ステージ

「ステージ」は、キャラクター(スプライト)が色んな動きをするための舞台となる画面です。「ステージ」には背景を設定したり、キャラクターやオブジェクトを配置したりすることができます。

プログラムを組むことで、ステージ上のキャラクターが動きますので、自分のアイデアを形にするための大切な場所です。

スプライトとは、キャラクターや背景などの画像のことです。

スプライトリスト

「スプライトリスト」では「ステージ」上で動作するスプライトが一覧表示されています。この「スプライトリスト」で、登場キャラクターや背景、アイテムなど、プログラムで使う様々なスプライトを追加できます。

複数のスプライトがある場合は、スプライトをクリックして選択することで「コードエリア」のプログラムが選択したスプライトのプログラムに切り替わります。

自分でつくったスプライトを追加することもできます。


スポンサーリンク

Scratch(スクラッチ)の基本操作

ここでは、Scratch(スクラッチ)の基本操作について解説していきます。

プログラムのつくり方や動かし方、完成したプログラムの保存方法などの基本操作の解説ですので、しっかり覚えてScratch(スクラッチ)を学んでいきましょう!

プログラムのつくり方

簡単なプログラムの例として、キーボードのスペースキーが押されるたびにネコが回転するというプログラムを組みます。

まずは配置したいブロックの種類を選びます。

プログラムのつくり方
配置したいブロックの種類を選ぶ

「スペースキーが押されたとき」というブロックがほしいので「イベント」を選びました。

次に「イベントブロック」の一覧の中から「スペースキーが押されたとき」をコードエリアにドラッグ&ドロップします。

「スペースキーが押されたとき」をコードエリアにドラッグ&ドロップする
「スペースキーが押されたとき」をコードエリアにドラッグ&ドロップする

ネコを回転させたいので、「動き」の中から「15度回す」というブロックを追加し、「スペースキーが押されたとき」のブロックにつなげます。

ドラッグ&ドロップしてブロックをつなげる

ここまでできたら、キーボードのスペースキーを押してみましょう。スペースキーが押されるたびにネコが回転するのがわかるかと思います。

ネコが回転した!
ネコが回転した!

このようにして、Scratch(スクラッチ)ではプログラムを組んでいきます。テキストでのプログラムよりも簡単に、そして直感的にプログラムを書けるということがわかりましたね。

ヤスオ
ヤスオ

ブロックはいつでも取り外せるので、色んなブロックを付けて遊んでみましょう!

プログラムの動かし方

プログラムのつくり方では、「スペースキーが押されたとき」のブロックを使っていたため、キーボードのスペースキーが押されるとプログラムが実行されていました。

では、それ以外はどのような動かし方があるのかみていきましょう。

イベントを「実行ボタンが押されたとき」に変更すると、緑色の「実行ボタン」(はたみたいなマーク)をクリックするとプログラムは動きます。

「旗マーク」をクリックするとプログラムが動く
「実行ボタン」をクリックするとプログラムが動く

つまり、プログラムの内容によって動かし方も変わっていくという事です。ですが、この「実行ボタン」はScratch(スクラッチ)の基本ですので覚えておきましょう。

それ以外のプログラムの動かし方としては、「イベント」がない時でもブロックを直接クリックするとプログラムは動きます。

ずっと動いているプログラムに関しては、「実行ボタン」の横にある赤い「停止ボタン」をクリックすれば止まります。

ファイルの保存と読み込み

Scratch(スクラッチ)でつくったプログラムを保存したい時は、メニューの「ファイル」から「コンピューターも保存する」を選ぶことによってファイルが保存されます。

ファイルを読み込みたい時には、「コンピューターから読み込む」を選択しファイルを読み込みます。

ファイルの保存と読み込み
ファイルの保存と読み込み

「ファイルの保存と読み込み」は、ゲームでいうところの「セーブ」みたいなものです。これで、いつでも続きからScratch(スクラッチ)でプログラムを楽しむことができますね。

Scratch(スクラッチ)ファイルの拡張子は「.sb3」となっています。


スポンサーリンク

まとめ

この記事では、ビジュアルプログラミング言語であるScratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作をわかりやすく解説しました。

今回解説したScratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作を簡単にQ&A方式でまとめておきます。

Scratch(スクラッチ)の画面構成と基本操作のよくある質問

Q
Scratch(スクラッチ)はどういう画面構成をしていますか?
A

Scratch(スクラッチ)のメイン画面は「ブロックパレット」「コードエリア」「ステージ」「スプライトエリア」などで構成されています。

Q
ブロックパレットとは何ですか?
A

「ブロックパレット」には、プログラムを作るためのいろんなブロックが入っています。Scratch(スクラッチ)では、これらのブロックを組み合わせてプログラムを組んでいきます。

Q
コードエリアとは何ですか?
A

「コードエリア」は、ブロックを組み合わせてプログラムをつくっていく場所です。「ブロックパレット」からブロックを持ってきて、プログラムを作っていきます。

Q
ステージとは何ですか?
A

「ステージ」は、キャラクター(スプライト)が色んな動きをするための舞台となる画面です。「ステージ」には背景を設定したり、キャラクターやオブジェクトを配置したりすることができます。

Q
スプライトリストとは何ですか?
A

「スプライトリスト」では「ステージ」上で動作するスプライトが一覧表示されています。この「スプライトリスト」で、登場キャラクターや背景、アイテムなど、プログラムで使う様々なスプライトを追加できます。

Q
スプライトとはどういう意味ですか?
A

スプライトとは、キャラクターや背景などの画像のことです。最初に表示されているネコのキャラクターもスプライトです。

Q
スプライトは自分でつくった画像でもいいですか?
A

はい。自分でつくったスプライトを追加することもできます。

Q
どうやってプログラムを書くのですか?
A

Scratch(スクラッチ)は、テキストでのプログラムではなくてブロックを組み合わせてプログラムを組んでいきます。

Q
プログラムの動かし方(実行方法)を教えてください。
A

緑色の「実行ボタン」(はたみたいなマーク)をクリックするとプログラムは動きます。または、ブロックを直接クリックするとプログラムは動きます。

Q
プログラムの停止方法を教えてください。
A

ずっと動いているプログラムに関しては、「実行ボタン」の横にある赤い「停止ボタン」をクリックすれば止まります。

Q
ファイルの保存と読み込みの方法を教えてください。
A

プログラムを保存したい時は、メニューの「ファイル」から「コンピューターも保存する」を選ぶことによってファイルが保存されます。ファイルを読み込みたい時には、「コンピューターから読み込む」を選択しファイルを読み込みます。

さいごに

Scratch(スクラッチ)は直感的な操作で、プログラミングの基本を楽しく学ぶことができます。画面構成などについても、シンプルでわかりやすいのもScratch(スクラッチ)の魅力の1つだと思います。

この記事が、Scratch(スクラッチ)初心者の皆さんや子供たちの参考になれば幸いです。さあ、プログラミングの楽しい世界へ飛び込んでみましょう!

Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.edu

コメント

タイトルとURLをコピーしました