簡単!Scratch(スクラッチ)でネコを矢印キーで左右に動かす方法

簡単!Scratch(スクラッチ)でネコを矢印キーで左右に動かす方法Scratch

Scratch(スクラッチ)では、毎日のように様々なゲームが生み出されています。ゲームをつくるって、楽しいですよね。

ですがScratch(スクラッチ)でゲームをつくりたいけど「キャラクターをどうやって動かすの?」「プログラムの方法がわからない…」と悩んでいる人もいるかと思います。

そこでこの記事では、Scratch(スクラッチ)でネコを矢印キーで左右に動かす方法を解説します。

初めてのプログラミングにもぴったりの内容なので、一緒にチャレンジしてみましょう!

ヤスオ
ヤスオ

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • ネコを矢印キーで左右に動かす方法を知りたい人
  • Scratch(スクラッチ)の簡単なプログラムを知りたい人
スポンサーリンク

完成プログラム

完成プログラム

はじめに、今回の完成プログラムを載せておきます。

キーボードの右矢印キーを押すとネコが右に動き、左矢印キーを押すとネコが左に動くというシンプルなプログラムです。

ここから先は、各プログラムの詳細な解説をしています。


スポンサーリンク

ネコを右に動かすプログラムを書く

イベントブロックを追加する

最初に、キーボードの右矢印キーが押されたときにネコが右に動くというプログラムを書きます。まずは「右矢印キーが押されたとき」ということに注目してブロックを探しましょう。

「キーが押されたとき」「スプライトが押されたとき」など、プログラムの実行のきっかけになるものは全て「イベント」の中に入っています。

ですので「イベント」カテゴリーから「右向き矢印キーが押されたとき」のブロックを選びます。

「右向き矢印キーが押されたとき」のブロックを追加する

「キーが押されたとき」のブロックは、最初は「スペースキーが押されたとき」になっていますので、自分がほしいキーに設定し直しましょう。

「イベントブロック」は、Scratch(スクラッチ)プログラムで何かが起こるトリガーを設定するためのブロックです。例えば、キーが押されたときやスタートボタンがクリックされたときなど、特定の出来事が発生した際に実行するプログラムを組むのに使います。「イベントブロック」は、プログラムの開始地点としても機能し、その中に他の操作を組み込むことで、スプライト(キャラクター)やステージに動きや変化をもたらすことができます。

キーが押されたら座標を変える

「右向き矢印キーが押されたとき」が押されたら、横の座標を10追加してネコを動かします。

座標を10追加するというのは、動きになりますので「動きブロック」の中から「X座標を10ずつ変える」ブロックを選んで、先ほど追加した「右向き矢印キーが押されたとき」の下に付けます。

「X座標を10ずつ変える」ブロックを付ける

「X座標を10ずつ変える」というのは、ネコが今の座標からX座標を10プラスするということです。

座標とは、スプライトなどの場所を表すための数字です。X軸は左右、Y軸は上下を表します。数字がプラスだと右方向、マイナスだと左方向になります。例えば「10」だとプラスなので右方向、「-10」だと左方向になります。

Scratch(スクラッチ)では、真ん中がX軸とY軸ともに座標は「0」となります。

ここまでできれば、キーボードの右矢印を押すとネコが右方向に進んでいきます。ただし、ネコに動きがないのでスーっと滑っていってしまうので、ネコにアニメーションをつけてみましょう。

コスチュームを変えてアニメーションをつける

Scratch(スクラッチ)では、スプライトのコスチュームを変えることでスプライトにアニメーションをつけることができます。

ネコのスプライトには、初めからコスチュームが用意されていますので、今回はブロックを追加するだけです。

ネコの見た目を変更してアニメーションをしたいので、「見た目」ブロックから「次のコスチュームにする」を選びます。

「見た目」ブロックから「次のコスチュームにする」を選んで追加する

これで、ネコが右に動かすプログラムができました。


スポンサーリンク

ネコを左に動かすプログラムを書く

ブロックを複製する

ネコを左に動かすプログラムは、右に動かす時につくったブロックを利用してつくります。

追加したブロックの「右向き矢印キーが押されたとき」でマウスの右クリックを押すと「複製」ができますので、複製します。

複製したブロックを好きな場所に置いてから、「キーが押されたとき」のブロックを右から左へと変更し、X座標の数値を「10」から「-10」へと変更します。

複製して数値を変える

キーボードの左矢印を押すとネコが左へと歩いていきます。

ですが、ネコは右向きのままですので左に歩いていく時には左向きに、右へと歩いていく時には右向きにしてあげましょう。

スプライトを回転させる

スプライトを回転させることで、左右の向きに対応させることができます。

「動き」ブロックから「90度に向ける」ブロックを「右向き矢印キー」「左向き矢印キー」の両方に追加し、左キーには「-90」を入力します。

ですが、このままでは左キーを押したときにネコが逆さまになってしまうので、さらに「動き」ブロックから「回転方法を左右のみにする」を追加します。

「90度に向ける」と「回転方法を左右のみにする」を追加する

これで、ネコが左右に違和感なく動くようになります。

「ネコを矢印キーで左右に動かす」という目標は達成されましたが、次からは背景などの見た目を変更し、完成させます。


スポンサーリンク

プログラムを完成させる

背景を追加する

右下にある「ステージ」から背景を追加します。

背景を選ぶ

「背景を選ぶ」をクリックすると追加できる背景がたくさんでてきます。この中から今回は「Blue Sky」という背景を選択しました。

背景を追加した

背景はどれを使っても大丈夫です。

スタートする位置を決める

今回追加した「Blue Sky」の背景に合わせて、スタートボタンを押した時のネコの初期位置を変更します。座標でいうと「X座標-190」「Y座標-120」の位置にしてあげるとちょうど地面にネコが立つようになります。

「イベント」ブロックから「スタート(旗)が押されたとき」のブロックを追加し、その下に「X座標を-190、Y座標を-120にする」ブロックをつけます。

「スタート(旗)が押されたとき」のブロックを追加し、その下に「X座標を-190、Y座標を-120にする」ブロックをつける

スタートボタンを押すと、ネコが指定した座標に移動します。キーボードの左右矢印キーを押すとちゃんと動いているのが確認できますので、これで完成です!

左右のキーが押されたときのブロックについている「回転方法を左右のみにする」は、スタートボタンが押されたときに1度だけ呼ばれれば良いので、「スタートボタンが押されたとき」の下につけるとスマートなプログラムになります。

完成したプログラムを動かしてみる

完成プログラムはPCでのみ動かせます。スマートフォンでは動かないのでご了承ください。

ヤスオ
ヤスオ

すごくシンプルですが、これにジャンプやアイテムや敵などを追加するとゲームらしくなりますね!

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、Scratch(スクラッチ)でネコを矢印キーで左右に動かす方法を解説しました。

今回解説したことまとめておきます。シンプルなプログラムですが、ここから色々追加していけばゲームらしくなってくるのでどんどん追加してゲームにしていきましょう!

ネコを右に動かすプログラムを書く
  • 「イベント」の「右向き矢印キーが押されたとき」を追加する
  • 「動き」の「X座標を10ずつ変える」ブロックを追加する
  • 「見た目」の「次のコスチュームにする」ブロックを追加する
ネコを左に動かすプログラムを書く
  • 「ネコを右に動かすプログラムを書く」を複製する
  • 「動き」の「90度に向ける」と「回転方法を左右のみにする」ブロックを追加する
プログラムを完成させる
  • 「背景を選ぶ」から背景を追加する
  • 「イベント」の「スタート(旗)が押されたとき」ブロックを追加する
  • 「X座標を-190、Y座標を-120にする」ブロックを追加する

シンプルなプログラムですが、これはプログラミングの基本的なスキルを学ぶのに最適な方法です。ぜひ他のアクションも試してみたり、自分だけの楽しいプログラムを作成してみてください!

Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.edu

コメント

タイトルとURLをコピーしました